あなたが幸せであること以上に大切なことはない〜その2.1〜

仕事に行くのがしんどいと思うようになったら(仮題)シリーズ#4

こんにちは。
健太郎です。

今日のテーマは、
前日につづいて、
「あなたが幸せであること以上に
大切なことはない」
のその2です。

その方にとって、
何が幸せかは、
異なるものがあるかもしれません。

ただ、その求める先が、
自分の外側に向いているのか?
それとも
自分の内側に向いているのか?
で精神面での回復の仕方が
だいぶ変わって来ることは、
ご存知でしょうか?

結論からいうと、
体調不良の根源を解決するには、
自分の内側に目を向けることで、
早い回復が可能になります。

体調不良で苦しい時、
何が苦しいかというと、
解決策が見えないこと、
があります。

あれをやってみたけど変わらない。
これをやってみたけど変わらない。
この本を読んでみた、
そして、我慢してまた
出社をする。

仕事をしているときは、
目の前にやることがあるので、
何とかそっちに意識が向くので、
その日を乗り切れるけど、
それが、また休日を迎えると、
逆に、
出社する意欲を持つのに、
とても困難な感じがする。

それの繰り返しかもしれません。

それでも、
その問題が継続しているうちに、
自然となくなってしまう、
ということもあるでしょう。

もしかして、
季節的な影響を受けているかもしれません。

私の場合は、
パニック障害と、
対人恐怖症という、
精神面がわかりやすく崩れてしまったので、
そもそも、
勤務が難しい状態になっていました。

それでも、
その症状が現れてからも、
なんとか自分をごまかして
数年は頑張って務めたと思います。

自分をごまかしてというのは、
電車に乗るだけで、
呼吸が過呼吸になって、
それでも何とか、
気持ちをそちらに向けないで、
強くあれ、強くあれ、
と何とか言い聞かせていたと
思います。

あと、
1対1でも、
複数人でも、
人と対面すると、
その場にいることが難しくなるくらい、
恐怖を感じる、
ということがありました。

その時は、
その場を一瞬離れて、
トイレに行ったり、
席を外して資料を調べに行くふりをしたり、
して、
気持ちが落ち着くのをまったりしていました。

そうやって、
その体調になっても、
なんとか、通い続けていました。

新しい会社に移りたくても、
どんな会社ならこの様な
状態にならずに済むか
わかりません、、、

そもそも、
何がきっかけで体調が
悪くなったのか、
決定的な原因も良くわかりませんでした。

原因を何とかすることよりも、
その苦しみからどうやったら
抜け出せるのか?
の方に私は必死でした。

そもそも、
どこに相談をしていいかわからなかったですし、
自分に何が起こっているのか?
すらわかりませんでした。

ただ、苦しい、、、

それだけが分かっていることでした。

つづく、、、